長澤まさみさんの魅力

11PNBW024ZL._SL75_.jpg
長澤まさみさんの魅力


長澤まさみさんは今では若手No1女優と言ってもいいのではないでしょうか。
東宝「シンデレラ」オーディションで35,153人の中から
史上最年少の12歳でグランプリに選ばれただけのことはありますね。

長澤まさみさんはデビューと同時に爆発的に売れたわけではなく、
ティーン雑誌『ピチレモン』の専属モデルなどになったり
CMなどにも出演していましたがヤマザキナビスコのCMに出ている美少女
などの表現が多かったようです。

2003年には『ロボコン』で初主演し第27回日本アカデミー賞
新人俳優賞等を受賞し女優としての素質が開花したようですね。

長澤まさみさんはこの映画によって演技に目覚めたことで
ロボコンがいまでも最も好きな映画らしいです。

その後長澤まさみさんは『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』
『ゴジラ FINAL WARS』などに出演し『セカチュー』なる
言葉を生み出し社会現象にもなった映画、

『世界の中心で、愛をさけぶ』で一躍脚光を浴び
長澤まさみさんはその存在を不動のものにしました。

この映画の中での長澤まさみさんのスキンヘッドには
驚くと供に役者魂には脱帽しました。

『深呼吸の必要』、『タッチ』『ラフ ROUGH』最新主演作『涙そうそう』
など長澤まさみさんの勢いは止まりませんね。

長澤まさみさんは映画だけではなく『ドラゴン桜』『功名が辻』
『セーラー服と機関銃』などのテレビドラマにも
次々と出演しその人気を不動のものにしていますね。

その存在は『東宝カレンダー』の表紙を、2005年から3年連続で
飾っている事からもうかがい知れます。

これからも長澤まさみさんの活躍が益々楽しみですね。




■トップページ

長澤まさみ・長澤まさみの画像・動画・大全集